仕事中に眠くなってしまった時の対処方法は?

居眠りする女性

仕事中に眠くなって大変な思いをしたことがある人はいませんか?

私もなかなか睡眠時間が取れなくて、会社の会議で眠くなることも多々ありました。

皆さんは眠くなった時はどのように対処しているでしょうか?

今回はその対処方法についてご紹介していきたいと思います。

 

まずはとにかくトイレへ行くようにするというものです。

トイレに行く用事がなくても、トイレで顔や手を洗って気分をリフレッシュさせるという人や、トイレに行って体を少し動かしていくという人もいました。

 

トイレ

 

ちょっと眠くなったなと思った時にトイレへ行くのはとても良い方法です。

体をちょっと動かすこともできますし、顔も洗えるのでとても都合が良い場所なのです。

またトイレへ向かうだけでも目覚ましになるのでオススメです!

 

他にも、とにかく歩き回るという人もいました。

仕事をするフリをしながらとにかく歩くようにしているという人や、飲物を買いにいくついでに歩き回るという人もいました。

やはり眠気覚ましには歩くことが一番です。

仕事をしているフリをしながら歩いていけば自ずと目が冷めてくること間違いなしです!

 

また他にも珈琲やお菓子を食べるという人もいました。

とにかく眠くなったらブラックコーヒーを飲んでおくという意見や、甘い物を口に入れておいて眠気を冷ますようにしているという意見もありました。

 

コーヒーとチョコレート

 

私も会議中に眠くなってきそうだなと思ったら、あらかじめコーヒーやお菓子を用意します。

他の職員の人たちも眠くなることがわかっていたので、 会議中では常にお菓子が置いてありました(笑)。

やはり眠気を吹き飛ばすのにはコーヒーやお菓子は必需品のようですね!

 

このように眠気を覚ますために工夫をしている方はたくさんいらっしゃいます。

仕事をしているからのんびり眠れることもできないので、この時の眠気は辛いです。

ですがこういった工夫をすることで、対応することができます。

ぜひ眠気で辛いなと思った時はこれらのことを試してみてはいかがでしょうか?

ぜひマネしたい!「仕事ができる人」の朝習慣とは?

朝時間

同じ一日の時間を過ごしているのに、「仕事ができる人」とされている人は多いですよね?

自分もそうなれたら…と思っている人も多いのではないでしょうか?

しかしその成功の秘訣は何と、朝の習慣にあるとされているのです。

ぜひこの習慣を参考にしてやってみてはいかがでしょうか?

 

「仕事ができる人」の習慣。

まずはとにかく朝早く起床することです。

 

起床した女性

 

一日のスタートを誰よりも早くするという考えがポイントとなっています。

同じ24時間でも活動時間がここから異なってきます。

できるだけ朝早く起きて早い段階で活動的になるようにしていきましょう。

 

朝食

 

そして次に大事なのは朝食を食べることです。

一日のエネルギーを摂取するためにも朝食は必要不可欠です。

ゆっくりと時間をかけて栄養のあるものをしっかり食べることを習慣にしましょう。

 

次に、オフィスへ行く前にはメールのチェックを済ませることです。

「仕事ができる人」になるためには、オフィスへ着いた瞬間はもう仕事に取り掛かれるような状況にしておくことが大事です。

始業前にメールのチェックをして余裕があれば返信しておくのがベスト!

仕事の開始から差をつけることができます。

 

そして始業前にやっておくことがもう一つあります。

それは今日やる仕事をしっかり整理しておくことです。

 

to doリスト

 

そして始業時間になったら上から順々に取り掛かっていきます。

この流れが習慣化すればスムーズに仕事が進み、自然と余裕も出てくることでしょう。

 

このように些細なことを毎日繰り返すことが「仕事ができる人」に近づく秘訣です。

ぜひ一度この朝習慣を試してみてはいかがでしょうか?

「仕事ができる人」がモチベーションを上げる目標の立て方とは?

モチベーションアップ

新年や新年度になって。

就職や転職をして。

部署が異動になって。

新しいプロジェクトメンバーに抜擢されて…等々。

環境の変化によって心機一転、新たな目標を立てようとしている人は多いのではないでしょうか?

しかし実際どうやって目標を立てようか悩む人は多いです。

せっかくだから、「仕事ができる人」に一歩でも近づけるような、モチベーションがあがるような目標を立てたいですよね?

今回は「仕事ができる人」がモチベーションを上げる目標の立て方を考えていきます。

 

まずは現状を把握することです。

「仕事ができる人」にとって、自分の現状を知ることは適切な目標を立てるための第一歩となります。

 

現状の把握

 

自分にできることとできないこと、現在足りないものを考えてみましょう。

大変に思うかもしれませんが、良い目標を立てるためには大事なことです。

 

そして次に、「仕事ができる人」は少しだけ高めの目標を立てていることが多いようです。

 

「私ならこの目標を絶対達成できるはずだ!」

 

と思えるような目標であることが大事です。

 

階段を上るビジネスマン

 

しかし逆に目標が高すぎると、

 

「無理だろうな」

 

と思いがちになり、結局ズルズルと無理な気持ちを引きずり結果として達成できなかったという事態になりかねません。

 

「仕事ができる人」は、自分の能力や状況を的確に把握できるので、達成できないような無謀な目標は立てないのです。

とはいえ簡単にクリアできるような目標も立てません。

それでは自分がまったく成長できないからです。

 

プランABC

 

そして、目標を「具体的」に設定するように意識していきましょう。

目標を立てることは、意外と様々な過程を踏んで立てていくものです。

立てるの大変だなと思うかもしれませんが、自分がやりたいことや自分がなりたい姿を見つけるのは大事なことです。

 

「仕事ができる人」を目指すなら、ぜひ適切な目標を立てて、その目標に向けて日々頑張っていきたいものですね!

「仕事ができる人」のプレゼンの仕方。その秘訣とは?

プレゼンする男性社員

プレゼンは数をこなしてもやっぱり苦手という人は多いです。

限られた時間の中で相手にしっかり伝えなくてはならないので、それなりにかかるプレッシャーは大きいものです。

 

しかし「仕事ができる人」はもちろん「プレゼンでも成功できる人」に他なりません。

そんな「仕事ができる人」のプレゼンの仕方の秘訣とはいったいどのようなことなのでしょうか?

 

実は、成功させるプレゼンの仕方に大事なのは「構成」なのです。

プレゼンの仕方のわかりやすい構成方法は2種類あるとされています。

 

まずはSDS法というものです。

これは最初にプレゼンの内容を要約したものを伝えて、後から細かく説明するというプレゼンの仕方です。

 

プレゼンする女性

 

この構成になると話全体のストーリー性を重視しながらの構成になるので、非常にわかりやすくなるのが特徴です。

 

「この話を聞いたらあなたはこうなるよ!」

 

というのをアピールをすると、より相手を引き込みやすくなります。

 

次にPREP法というものです。

最初に結論を伝えて、次に理由を説明し、根拠を提示したら最後にまとめるというプレゼンの仕方です。

これは手っ取り早く相手に結論を伝えられる方法です。

 

プレゼン資料

 

最初に色々説明して結果論に繋げても、

「結局相手は何を言いたかったの?」

と思われてしまっては意味がありません。

最初に結論を伝えることでそういった事態は免れることができます。

主に報告をするようなプレゼンの時に使用すると良いでしょう。

 

このようにプレゼンの仕方には、代表的な2つの構成方法がありますが、それぞれ自分がやりやすい方法で構成するのがベストです。

あまり意識しすぎると逆にうまくいかなかったりするので、参考にしながら作成するような気持ちでやっていきましょう!

「雑談力」を身につけろ! 商談で活躍してくれる雑談の威力とは?

雑談する男女

仕事をしていると様々な人と関わる機会があると思います。

中には商談をたくさんしている人もいるのではないでしょうか?

 

実は最近の調査で、商談の後に雑談をすると良いということが明らかになりました。

その手法は「雑談力」として、「仕事ができる人」は身につけています。

そんな「雑談力」とは一体どういうことなのでしょうか?

普段、商談を終えた後にそそくさと帰り支度をしているという人は特に必見です!

 

例えば自分が家電などの何か大きい買い物をしに出かけたとします。

商品を選んでいる時にお店の人が話しかけてきます。

 

家電量販店

 

そして商品の説明をしてもらいながらも何とか欲しい商品が手に入ったとします。

そして会計を済ませて商品の準備をしてもらっている間に、 店員さんと何も会話をせずに商品を受け取って帰るパターン。

 

もうひとつは、店員さんから、

 

店員

 

「あの商品って本当にすごいですよね!」

「私もあれ買おうかなと思っているんですよ!」

 

と言われてから商品を受け取るパターン。

 

このふたつでは気持ちが違いませんか?

 

大抵の人は後者の方が良い気分になるという人が多いはずです。

これこそが「雑談力」と言われるもので、雑談には大きな力が込められているからなのです。

 

雑談というのは一見普通の会話をしているように感じられますが、実はそこには少なからず信頼関係を築き上げているのです。

 

「この人とならまた今度一緒に仕事したいな」

 

と思われれば、商談は大成功と言っても良いのではないでしょうか?

 

握手

 

お互いに見知らぬ者同士なのでどうしても線を引いてしまいがちなのですが、
その線を一歩踏み越えてみると一気に信頼関係は増していくものです。

そのきっかけとなるのが雑談です。

もし少しでも時間を見つけられたら、些細な雑談をして「雑談力」を鍛えましょう。

きっと「仕事ができる人」に一歩近づけること間違いなしです!

もし自分がプロジェクトのリーダーになったら心がけたいこととは?

はてな

とあるプロジェクトのリーダーに選ばれた時に、大きな不安を抱えてしまう人もいるかもしれません。

特に初めてリーダーになった時は、自分はどういう態度でいれば良いのかもわからない人が多いでしょう。

今回はリーダーになった時の心構えについて確認していきましょう。

 

まずは部下の言葉に耳を傾けることです。

 

耳を傾ける

 

部下が何の相談もしないままプロジェクトを進めていて、ある時に重大な問題が起きてしまった!というケースがあります。

こうなると事前に相談してくれればよかったのにと思うリーダーは多いでしょう。

しかし部下からは「相談してもらえるリーダーだ」と思われることが大事なのです。

部下が相談に来ていても仕事をしながら聞いているような態度だと、やはり部下は相談しにくいなと思ってしまうようです。

なのでまずは部下の声に耳を傾けてみましょう。

 

それに併用して大事なことは相談しやすい環境を作ることです。

 

上司面談

 

部下にとって相談しやすい環境を作るためには、まずリーダーから一歩踏み出すことが大事です。

「あの仕事はどう?」と部下に声をかけてあげてみてください。

それを続けることで相談しやすい環境はできてきます。

 

そして他にも大事なのは否定ではなく共感をすることです。

 

共感

 

部下が案を出すというのは本当に良いことです。

しかしそれをいつも否定ばかりしていると、部下のモチベーションも下げてしまいます。

まずは、

 

「なるほどね、そういう考えもあるね」

 

というように共感をしてあげることが大事です。

 

このようにプロジェクトを成功させるためには部下の力も必要不可欠。

「仕事ができる人」が上からも下からも信頼される人物です。

リーダーはそれなりに責任もあって大変ですが、自分でも経験があるように、部下も大変な思いをしています。

お互い協力しあってプロジェクトを成功に導けるように頑張りましょう!

逆に「この人、仕事ができない…」と思われてしまう人の特徴とは?

レッドカード

今回は「仕事ができる人」ではなく、逆に「この人、仕事ができない…」と思われてしまう人の特徴を考えてみたいと思います。

 

皆さんの周りには仕事の要領がちょっと悪いなぁと思う人はいませんか?

「仕事ができない人」というのは、当人は仕事をする気はあるのに、何故か要領が悪い!というケースが多いようなのです。

要領が悪いなぁと思われる人にはやはり何かしらの特徴があるようです。

ではその特徴というのは具体的にどのようなものなのでしょうか?

 

まずは時間配分がうまくできていないという点です。

 

ビジネスマンと時間

 

やりかけの仕事を中途半端にやめて違う仕事をする人はやはり要領が悪いと思うという意見や、時間がかかる面倒な仕事を後回しにすると後から大変になるので効率が悪くなると思うという意見がありました。

時間配分は社会人にとっても大事なスキルとなります。

わざわざ今やらなくても良いことを残業してまでやっていたりする光景を見ると、

「この人、仕事ができない…」

 

と思われてしまいがちのようです。

 

また他にも、変な所で丁寧になるという特徴があるということです。

 

デザイン修正

 

コピー&ペーストで作っていけば良いのに、わざわざ全部タイピングして作っている人を見ると時間かかりそうだと思うという意見や、パッと読めるメモで良いのにわざわざ丁寧に書いている人っていますよね。

そんな時、

 

「そんなに丁寧に書かなくても良いだろう!」

 

って思うという意見もありました。

 

確かに丁寧に仕事をするのは大事なことですが、中には、

 

「え?そこまで丁寧にすること!?」

 

と思われるようなこともあるようです。

 

時にはパッと終わらせるようにして、他の所に時間を使うようにした方が良いかもしれませんね!

 

他にもデスクがごちゃごちゃしていて必要な資料が見つからないことが多いという人や、慌てて仕事をするからミスが多くて結局やり直しになるケースが多いという人もいるようです。

 

パソコンとOL

 

やはりどこかしらで要領が悪くなる要因というのはあるようです。

「仕事ができない人」というレッテルを貼られてしまう前に、今一度仕事の取り組み方を見直して、いかに効率よくできるかを考えながらやっていくと良いでしょう。

上司にイラッ! 「仕事ができる人」がとる対処法とは?

上司と部下

仕事をしているとやっぱり上司にイライラすることもあると思います。

かといって上司に怒るわけにもいかずに、余計にストレスが溜まるということもあることでしょう。

「仕事ができる人」は上司にイラッとした時にどのように対処しているのでしょうか?

 

はてな

 

そこで今回は上司にイラッとした時の対処法についてご紹介していきたいと思います。

 

「仕事ができる人」はまず黙ることだといいます。

特に理不尽なことで怒られた時は、一度沈黙して気持ちを落ち着かせるようにしているという意見であったり、感情的になってもどうしようもないので、とにかく黙るという意見もありました。

 

黙る男性社員

 

確かに反発しても綺麗に解決できることはあまりないです。

「仕事ができる人」はここで沈黙して頭を冷静にするという人が多いようです。

 

また他にも、上司の話を聞くフリをするという意見もありました。

 

上司と女性の部下

 

イライラしてる時に注意されても絶対に耳に入らないので、聞き流すようにしているという意見であったり、自分が悪いところは反省するが、理不尽なことを言われている場合はとにかく話を聞くフリをするという意見もありました。

 

いちいち上司の小言を聞いていたらストレスも貯まる一方です。

自分の不注意なら素直に反省し、理不尽なことなら聞いているフリをするのも「仕事ができる人」の手法のようです。

 

他にも敢えて上司をいい気分にさせてみるという意見であったり、外出して気分転換をするという意見もありました。

 

外出する女性社員

 

仕事をしていると上司に色々言われることもあると思いますが、それを全部抱え込んでしまうと、それに伴うストレスもかなり大きいものとなります。

上司にイラッとした時もスマートに対応できるように、ぜひ自分なりの対処方法を見つけておきましょう!

 

ちなみに、今度、うちは同じマンション内で引っ越しすることになりました。

今は1階ですが、5階の角部屋が空いたんです。

 

マンション

 

近所は気に入っているので、このマンションでいいのですが、1階は防犯や虫などの問題があるので、せっかくなら景色のいい5階へいきたいというわけです。

ただ、同じマンション内での引っ越しですので、料金を安くしたいと思い、みつけたのがこのサイト。

http://www.同じマンション内引越し.com/

確かに、トラックの移動はないので、このサイトに書いてあることは納得、同じマンション内での引っ越しは、こうやればいいんですね。

市内や、町内などの近距離引っ越しも同じ原理だと思うので、引っ越し予定のない方も、次の引っ越しに備えて、読んでおいて損はありません。

自分の部下が仕事を失敗! 上手な部下の叱り方とは?

部下を叱る上司

もし自分の部下が仕事の失敗をしてしまった時、やはり先輩として叱らなくてはならなくなります。

しかし上手な叱り方をしないと部下からは不満を持たれてしまう可能性があります。

かといって不満を持たせないために叱らないというわけにもいきません。

では、一体どういう叱り方が上手な部下の叱り方なのでしょうか?

 

ミスが発覚してしまった時、反射的に怒ってしまいたくなるかもしれません。

しかし最初はここで一呼吸おきましょう。

 

ヒアリングする女性社員

 

まずは、

  • どういうミスをしてしまったのか?
  • 本当にその部下がミスをしたのか?

など、状況を確認しておきましょう。

 

確認していくと部下も次第にどんなミスをしたのかを自分でも理解できるようになり、

 

「ああ、自分はこれで叱られているのか」

 

とわかってくれるのです。

 

その次に大事なことは、自分が思っていることを素直に伝えることです。

 

ハート

 

もちろんミスをすると感情的になって怒りたくなるかもしれません。

しかしここで怒鳴ったりしてしまうと相手も萎縮してしまって、伝えたいこともしっかり伝えることができません。

なので感情的になりすぎず、部下に伝えたいことをしっかりと伝えていきましょう。

 

叱っている人の気持ちが叱られている人に伝わると、自分がどんな失敗をしてどれだけ迷惑をかけてしまったのかを理解することができます。

 

そして一番大事なのは、今後はどのようにしていけば良いのかというアドバイスもしてあげることです。

 

アドバイスする男性社員

 

叱るだけ叱って、後は放っておくというのは一番やってはいけない叱り方です。

今後どうすれば良いのかを教えてあげることで、再度失敗するリスクを軽減させていく。

そこまでできてこそ、真の「仕事ができる人=できる上司」なのです。

 

部下に不満を持たれるのは嫌かもしれません。

でも叱らないと部下は成長しません。

「仕事ができる人」になるために、部下に嫌われない叱り方、そしてさらには「部下を成長させられる叱り方」をぜひ身につけましょう。

「帰ろう!」と思ってから、実際に退社できるまでにかかる時間は?

仕事が終わって、「さぁ帰ろう!」と思った時、実際に退社するまでにかかる時間はどれくらいかかりますか?

統計的に、「仕事ができる人」は「帰ろう!」と思ってから実際に退社できるまでにかかる時間が短く、反対に「仕事ができない人」は時間がかかるという結果が出ているそうです。

そこには一体どのような特徴が潜んでいるのでしょうか?

 

「さぁ帰ろう!」と思ってから5分以内に退社をしている人は、定時を過ぎて会社にいても意味がないからという理由が多かったです。

 

定時

 

「仕事ができる人」に、自分の仕事が終わっていればとにかく帰るという人は多いです。

仕事をしっかりしているのだからそれは良いことだと私は思います。

逆にダラダラと残業をしている人に、あまり仕事のできない人が多いというイメージも持たれているようです。

 

また「さぁ帰ろう!」と思ってから10分~30分以内に退社をしている人は、周りの状況を確認して、大丈夫そうなら帰るようにしているという人が多いようです。

 

退社

 

先ほどのパターンは「プレイヤー」、こちらのパターンはリーダー職や役職についている人ですね。

 

さて、これ以上時間をかけている人は、「仕事ができない人」の可能性が高いです。

帰ろうと思っても何か忘れていることがないか心配になってしまい、結局遅くなってしまうというパターンが多いようです。

 

 

残業

 

やはり「仕事ができない人」=「要領が悪い」ということかもしれませんね。

 

このように帰ろうと思ってもすんなり帰れる人とそうでない人は多いようです。

先に帰ることに関して何も言われない会社ならすぐに帰れるかもしれませんが、それが難しいとなかなか退社できないのが辛い所ですよね…。

「成功者」になるために~自分の才能の見つけ方をご紹介します!

導き

「仕事ができる人」や「成功している人」を見ると、才能があって良いなぁと思うと思います。

そうすると無意識に自分と比べてしまって、私には何の才能もないのではないかと不安に感じることも時にはあるのではないでしょうか?

 

もやもやする女性

 

実は自分の才能というのは、自分から見つけることが一番大事なのです。

そしてその才能を活かして様々な場面で活躍することもできるのです。

 

「仕事ができる人」を目指すためにも、まずは自分の才能を見つけることが第一歩!

今回はそんな自分の才能の見つけ方をご紹介していきたいと思います。

 

まずはチャレンジ精神を常に持つことです。

とにかく興味を持ったら色々と取り組むと、意外な才能を見つけることができます。

 

ガッツポーズ

 

習い事をやっていると自分のセンスに気がつくので、才能を見つけやすいという意見もありました。

興味はあるけれどもやったことがないというものがあったらぜひ挑戦してみてください。

もしかしたら自分の知らない才能が開花するかもしれませんよ!

 

また他にも、好きなことをとことん極めるという見つけ方です。

好きなことを続けることで、その道をどんどん極められたという成功者が多いのです。

好きなことならやっていても苦ではないので、才能を開花させやすいということなのです。

 

極める

 

嫌いなものを無理矢理やって才能を探すよりも、好きなことを極めるのも1つの才能の見つけ方です。

とにかくどんどん自分の好きなことに取り組んでいってみてはいかがでしょうか?

 

他にも自分の長所やできていることを思い切って周りの人に聞いてみるという才能の見つけ方もあります。

他人から見た自分はどんなことができているのか、伸びしろがあるのかどうかなどを判断するのにとても参考になりますよ!

 

長所

 

このように自分の才能を見つける方法というのはたくさんあります。

誰しも、才能が全くない人というのはいないと思います。

ぜひ自分なりの才能を見つけて様々な場面で活躍し、「仕事ができる人」、そして果ては「成功者」となれるよう、頑張っていきましょう!